価値観が多様化している今、正解は一つではなく、自分らしさと考えを持ち、他を理解し尊重することが大切です。
今、子供たちが身につけるべきは、目標を自分で選び、様々な価値観を認め、自分だけでなく仲間とともに発展し行動することです。

グローバルマインド教育

気持ち次第で「世界」はとても近いところにあります。
国々の距離感が大きく縮まり「つながる世界」である今、子ども達の未来の活躍の場はとても開かれ、たくさんのチャンスに溢れています。

英語は子どもたちの未来の可能性を広げるものです。
いままでは “International” 世界地図を広げ、自分の国を中心に様々な国々を見てきました。

世界で行われている教育はどうでしょう?

自分の国を含めた地球全体を大きな視野で見るように、多様性を受け入れる感性を養うGlobalな教育です。

ラヴィクールでは

『楽しいから好きになる』

ラヴィクールの学びはここから始まり、
生きる力の第一歩となるのです。

 

 

母子分離でのクラスは、基本的生活習慣の自立と様々な楽しい体験を通して、知恵や知識を学び、お友達や講師との関わり合い、思いやりの心、社会性を育てていきます。

ひとりひとりの個性を大切に少人数クラスでの指導を行います。

基盤となる『日本語力』を伸ばすことで人の話をよく聞き、考え、相手に自分の意志や思いを伝える事ができます。

自分らしさをのびのびと表現する事で自信と個性をのばしていきます。

英語が不可欠な時代に生きる子どもたちにとって英語での思考やコミニュケー ションは、特別なものではありません。

だからこそ最初の一歩を楽しく本物で踏み出してほしいと考えています。

魅力的な物語を自分のストーリーとしてロールプレイし実践する事で自分の経験とし心で感じ自然な英語が身につきます。

外国人講師との生活の中で英語感覚を身につけ英語耳の基盤を育てます。

幼児期の気付きや感動は、ずっと潜在意識に残るものです。

めいっぱい感じ、自ら考え、チャレンジする、
単に知識や技術を詰め込むのではなく心と体で感じ、考えていく独自のプログラムです。